多くの場合、カードのひと月の限度額が日常払う以上より多く決めいていると私たちは心配ないと考えることなくクレジットカードで決済してしまったりするようです。こうしたクレジットカードの使いすぎを避ける目的でクレジットカードの上限金額を自主的に少なめに申請しておこう・・・ということがこれから提案する記事の主な考え方です。カードの限度額の引き下げ方▽クレカの上限額を減らすには月の利用限度額を引き上げるやり方と同じく、非常に手軽です。お手元のカードの背面にプリントされている電話番号に電話をかけて「月の限度額をもっと低くしていただけませんか」と希望をエージェントに向けて指示するだけです。一般的には現時点での限度額に対して低ければ、面倒な審査もなく容易に変更が終わります。月の限度額を減らしておくのは自分を守ることへと結びついている◎上限を減らしておくことは自己抑制等のメリットだけではなく被害に遭わないようにすることにもなります。仮に、大事なクレカが悪意のある人物に乱用されてしまったような場合でも、クレカの限度額を低く押さえているならリスクを出来るだけ少なくすることもできるためです。心配する必要はないけれど、仮にカードが知らない間に使用されることになったような状況でもクレジットカードのユーザーに詐欺に加担するようなことにあたることがない限り盗難保険等で呼ばれる機能が使用者を守ってくれるわけなので心配することではないんですが1%の可能性のことを念頭に置いて必要のない限度額は低くしておくのも手です。使いもしない上限設定は百害あって一利なし・・・でしかないのです。