車の事故に巻き込まれた状態で、自らが自動車事故の被害者の場合でも、相手方が非をひとつも納得しないケースは多数みられます。ひとつの例として、しようとして起こってしまったのではなく注意不足で相手の車を激突された場合などにそういった水掛け論に結果なってしまう状況がありそうです。例えそうであっても事故現場で自動車のみの損害処理され後で後遺症が出てから診てもらった病院の証拠となる診断書警察に提出するのでは対処が遅れるというのは仕方がなくなります。それなら、自動車での事故の過失割合の取り決めにはどんな風な物差しがあるのでしょうか?しっかりと言いますと警察署が決定するのは、主として自動車の事故の大きな手落ちが認識されるのは関係したドライバーのどちらかという事であって過失の割合というわけではないのです。最終的に明確にされた事故の責任者が警察署からはっきりする事は事は考えられません。それだから、過失の割合がどうなのかは本人たちの相談の結果により決定され、この結果が事故の賠償の算定のベースと判断されます。この場合、両方が自動車任意保険に加入していない状況では双方が面と向って協議を余儀なくされます。けれども、当然の事ながらそういう調整では、感情に走った応報になる危険性が高くなります。さらに、互いの主張に相違があれば最悪の場合、裁判所に突入しますが、この場合年月と訴訟費用かなりのマイナスとなります。そのため多くの場合、互いの当事者についている自動車の保険会社、そのように両方の保険会社に調整を任せる手法を活用して、相当な「過失割合」を決めさせます。そういった際自動車保険の会社はそれ以前の車での事故の係争の結論から決定した認められた基準、判例集などをたたき台として推測とやり取りを行って過失の割合がどうなのかを決めます。そうであっても交通事故においては不幸にも関わってしまったのか原因となってしまったのかには関係なくまず警察に連絡するのが絶対です。その後、保険の会社に連絡を取り、その先の話し合いをお願いするのが順番になります。この手続きさえ理解しておれば、双方の無駄なやり取りとなる事を未然に防止できるに違いないのです。