多くの自動車保険会社は至れり尽くせりと告知しますが自動車の事故をした状況で実際にきちっと処理してくれるか気に掛かります。特にネットで入る事が出来るダイレクト型自動車保険と名付けられた実際の店舗をが存在しない自動車の保険会社では対応が分かりにくいという条件も心配の材料となってしまいがちです。だからといってダイレクト系自動車保険と実際にお店がある車の保険会社の対応力に大きな差はございませんし、通販型自動車保険のほうが人件費が節約できる分掛金が低く抑えられているので車での事故に巻き込まれなければ月々の掛金を安く抑えることができるのです。では、保険会社が異なることで事故対応に隔たりが存在するかと問われれば答えはイエスです。その優劣は店舗型の自動車保険ダイレクト自動車保険という区別ではなく個別の自動車保険の会社によって対応をしてくれる時間や曜日が別になることが挙げられます。事故はどんな時に遭遇するか推測できませんので事故受付は1年中受付してくれるのは必須の条件でありますし加えて祝日や夜間にその事故対応がちゃんとされていることをチェックすることが必要です。会社によっては、24時間事故対応と言っていても事故受付時間が平日と休日で違い短縮されているところもあったりしますのでチェックが必要です。また、もしかしたらに備えて自動車保険の会社の事故拠点も確かめておくことも大事です。どれだけ車の保険会社でも対応拠点が遠くにしかなければ事故対応ができない場面もあったりしますので自宅近くに事故対応拠点があるかどうかも事故の対応のちがいを決める基準のひとつです。ある程度の自動車保険会社は区間ごとに事故処理拠点を所持しているようなこともありますので緊急時の対応も十分でその場で行うべき事故処置も助言してくれると評判が高いです。