破産承認をもらった際どういう種類の失うもの・デメリットがあるかは、考えた方々にとって100%初めに知っておきたい情報でしょう。下に自己破産認定者の受ける不利益に関しての中身を箇条書きにしておこうと思います。・破産者の一覧に記載されます。※国の本人証明書を作成するための文献であるので大抵の人はコピーすることができないはずですし免責の許可が与えられれば取り消されます。・官報において掲載される。※新聞とは別物で通常の書店には扱われませんしほぼすべての方々にはつながりのないことであると考えます。・公法における資格限定。※自己破産宣告者になったとすると弁護士、CPA、行政書士、税理士などといったような資格保持者は資格失効になってしまい労働ができません。・私法の資格制限。※自己破産宣告者は後見人、保証者、遺言実行役などになることが認められません。それだけでなく、合名会社、合資の会社のサラリーマンおよび株式の企業、有限形式の企業の監査役のとき、退任根拠となります。・ローンやクレジットの利用が認められません。さらに、破産管財人がいる場合については次のような制約も与えられます。・自身の財産を勝手に使用、譲渡することが認められません。・破産管財人や債権保有者団体の要求があれば必要な説明をしなければならなくなります。・地裁の許しをもらわずに自宅の変転や長めの外出をすることは認められません。・裁判官が止むを得ないと認定する場合は身柄を拘束される場合がありうるのです。・配達品は破産管財人に届けられることになり破産管財人は送られてきた郵便物を開封権限をもちます。自己破産人の困難の通常誤解を受けている点を一覧にしました。1戸籍データ・住民データには載せられません。2勤務先は破産してしまったことを原因にクビにすることは認められません。※破産者から言わないかぎり他人に噂されることはありません。3投票の権利や選挙に立候補する権利などの公民権は止められません。4連帯保証者になっていないなら、血縁者に代わりに払う義務などは存在しないです。5必要最小限の日常生活に必須な家財(ノートPCデジタルテレビを入れて)衣服などは差し押さえられないです。破産した人のデメリットに関する項目をあげてみました。破産の申し立てをする場合は債務はまっさらになるかもしれませんが、以上の損失が存在します。破産申立を考慮する上で、有効性も困難真剣に思案した方がよいです。