為替の介入というのを知っていますか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞記事、雑誌、ネット等の情報で目にした人も多いでしょう。元から外国為替平衡操作(為替介入)は我が国においては、◯大臣(財務大臣)為替レートの安定化を保てるように施行する措置と使われています。簡潔に言えば、極端な円高、円安になった時に財務大臣の指令のもとに日本銀行が円を取引することで為替のレートの安定を狙う、というものです。為替の介入はやり方が何通りかあります。1.単独介入・・・行政・日本銀行が東京での市場の中で市場に参加し外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが相談し、各銀行などが持っているお金を使い同時ないし引き続いて外国為替平衡操作(為替介入)を実行していく。3.委託介入・・・海外の銀行などへ為替介入を任せる。4.逆委託介入・・・日銀が国外の銀行などの代わりに為替の介入を実施する。以上のような種類です。いずれの外国為替平衡操作(為替介入)も一時、もしくは当分為替に多くの影響力を与えることになります。為替の介入の額はさすが自国の面子をかけているだけに段違いなのです。円を基本にして考えると、いつもは数銭ごとに変動する円レートが不意に数円の動きをします。個人の投資家の方でしたら一度くらいは経験したことがあると思いますが、ここまでは順当に含み益(あるいは含み損)が増えていたポジションを維持していたのですが、そのポジションが決済となりましたとのことで連絡が外為の会社からEメールが・・・いくらの儲けかな(損失が出たのかな)?と気にしながら決済された情報を確認したところ自らが予想していた結果とは真逆の事になり目が点になってしまうとの事例がありました。外国為替平衡操作(為替介入)が実施された際に多く聞いた話です。この例のように介入が行なわれることで、為替市場のトレンドと正反対の変化をすることがわかります。しかも変動する金の幅はでかく変化しますので用心が必要です。